美容外科とは美容整形を取り扱う医療分野です

美容外科と言う言葉は知っていても、形成外科との違いや、新宿美容外科で出来ることを良く知らないと言う人もいるでしょう。そのような人たちに、美容外科とは何なのか、またどのようなことが出来るのかを紹介したいと思います。

そもそも美容外科ってなに?

美容外科とは、美容整形を取り扱っている医療分野です。形成外科との違いは、施術をしなくても困ることがないかどうかです。形成外科は、先天的な要因や事故などで体の一部を欠損している場合などに、欠損した部分を修繕する目的で手術を施すことです。それとは違い、美容外科は手術をする目的が、コンプレックスの解消や美を追及することにあります。そのため、美容外科では保険が適用されません。また、似た言葉に整形外科があります。整形外科は、骨や筋肉に外傷を負ったときに利用する外科です。
美容外科と形成外科と整形外科は、言葉が似ているため混同されやすいです。しかし、それぞれ取り扱っているカテゴリーが違います。間違えないように注意しましょう。

新宿美容外科で出来ること

美容外科では、コンプレックスだと感じている顔や体のパーツを変えることが出来ます。美容整形は基本的にメスを使用しますが、メスを使わずに行うものや、アンチエイジングや脂肪吸引などの痩身も取り扱っています。オーソドックスな美容整形は、埋没法と言って目を二重にすることです。日本人は一重の人が多いため、二重にする人が多いのです。埋没法はメスを使用しない、いわゆるプチ整形と呼ばれるものです。メスを使用する二重の整形には切開法があります。鼻にプロテーゼを入れて鼻を高くすることや、脂肪を取り除くなどして鼻先の形を変える人もいます。手術によってことなりますが、即日帰宅をすることが出来たりメイクをすることも可能です。

新宿美容外科を利用する際の注意点

美容外科では美容整形を行うことが出来ます。コンプレックスを解消することで自分に自信を持つことが出来、性格が明るくなる人もいるでしょう。しかし、病院選びを失敗してしまうと、一生消えない傷が顔にも心にも残るリスクもあります。そのため、病院選びはとても大切です。また、整形依存症になる人もいるということを、頭の片隅に置いておきましょう。完璧を求めすぎるあまり、現状に満足が出来ずに歯止めがきかなくなってしまうのです。美容外科は利用の仕方によって、出る結果は良い方にも悪い方にも転がります。したがって、しっかりと考えた上で利用することが大切です。美容外科を上手く利用してコンプレックスを解消し、自信を手に入れてください。