新宿美容外科で受けられる施術の種類

美容外科では、目元や口・鼻筋といった顔のパーツだけでなく、たるみ・シミ・シワといったアンチエイジング、レーザー脱毛、痩身施術、豊胸手術などといった全身に渡る施術もあります。ここでは、施術方法の紹介と、概要・メリットなどをご紹介していきます。

目元の美容整形手術

目元に関するお悩みで、新宿美容外科を訪れる人はいます。二重にしたいという希望から目を大きくしたい・たれ目になりたいといった様々な要望があります。その中でも「プチ整形」と呼ばれる方法の1つとして「二重埋没法」があります。この方法は、まぶたの表と裏の粘膜を医療用の極細糸で数箇所留めることによって患者の希望する二重ラインを作ります。この手術の最大の特徴は、メスを使わないため、ダウンタイムが短く手術も短時間で終わるので患者の負担が少ないところにあります。また、やり直しの施術も他の方法より比較的ハードルが低いので、目元の整形手術を初めて受ける人に選ばれている方法になります。しかし、リスクとして左右のまぶたの仕上がりに差が生まれてしまうといったリスクがあります。

鼻筋・小鼻の施術方法とは

鼻筋や小鼻部分の整形は目元よりはハードルの高い方法が多いです。そのため美容外科選びもより慎重にしなくてはなりません。できるかぎり鼻筋の症例数の多く、技術や経験の多いドクターに施術を受けることが重要です。
鼻の整形手術において多い相談が、鼻を高くしてほしいという内容です。このような悩みには「鼻プロテーゼ」と呼ばれる方法が取られることが多いです。鼻筋部分に「プロテーゼ」と呼ばれる人工の軟骨を入れることによって鼻が高くなるだけでなく、鼻筋を細くしてすっきりとした顔の印象にすることが可能になります。鼻の中からプロテーゼを入れるので、傷が顔の表面からは見えないのが特徴です。したがって、女性でも安心して施術を受けることができます。

フェイスラインに関する整形手術の種類

フェイスラインに関するコンプレックスや悩みを持っている人も少なくありません。それに伴い、様々な方法もあります。たとえば「エラ削り」という美容外科で受けられる方法です。この方法は、こめかみの下方にある顎部分が張り出し、横・正面からの見て顔が四角に見えてしまうことで悩んでいる人に選ばれている方法です。エラが張っているときつい顔の印象になりがちなので、卵型のフェイスラインにすることで優しい雰囲気にすることが可能です。
顎が長い事でお悩みの方には「オトガイ骨切り手術」といった方法や「レディエッセ」と呼ばれる方法があります。いずれの方法も、骨に直接アプローチをかける方法なので、効果は半永久的というメリットがあります。